ホーム   »   オンラインカジノは詐欺があるの?手口ややり方確認方法を徹底解説!
カジノ 詐欺 バナー

オンラインカジノは詐欺があるの?手口ややり方確認方法を徹底解説!

『オンラインカジノって詐欺があるの?』

『騙された事件があるって聞いたことがあるけど…』

『ちゃんとしたオンラインカジノがあれば最高なんだけどな』

こんなお悩みはありませんか?

 

オンライン上でカジノゲームができても、勝利金がきちんと出金できるのか気になるところですよね。

更に言うと、そもそもカジノゲームが『負ける』ように作られていたら、カジノで遊ぶ意味がありません。

そこで、今回の記事では、オンラインカジノの詐欺について詳しく解説していきます。

この記事を読むと、詐欺っぽいオンラインカジノはどんなところなのかはっきりと分かるので、是非最後までご覧ください!

 

【目次】

  1. オンラインカジノで詐欺するカジノの特徴
    1. 審査の甘いゲーミングプログラムを使っている
    2. 出金対応が遅い
    3. 運営情報やライセンス情報が記載されていない
    4. サポートの返事がほとんどない
    5. 利用規約の後付が行われる
    6. ボーナス条件が非常にプレイヤーフレンドリー
  2. 悪質なオンラインカジノの詐欺手口を徹底解説!
    1. ①RTP情報が書き換えられている
    2. ②獲得した賞金ボーナスが反映されない・出金されない
    3. ③そもそも入金反映されない
  3. 日本で起こったオンラインカジノ詐欺事件について
    1. お台場カジノ
    2. ドリームカジノ
    3. スマートライブカジノ
    4. 横綱カジノ
    5. やまとベット
    6. NetBanQ
  4. オンラインカジノで遊ぶのは危険なの?
  5. ライブカジノでイカサマはあるの?
  6. ベラジョンカジノはイカサマがあるの?
    1. ベラジョンが安全な理由①ライセンス取得がなされている
    2. ベラジョンが安全な理由②信頼できるゲーミングプログラムが利用されている
      1. ゲーミングプログラムには定期的な監査が入る
    3. ベラジョンが安全な理由③ゲーミングプログラムとカジノ側は何の関係もない
  7. ベラジョンのようにイカサマのない安全なオンラインカジノの見分け方・選び方
    1. ライセンス取得がなされているか確認する
    2. 第三者機関から監査がなされているか確認する
    3. 支払い実績がきちんとあるか口コミを調べよう
    4. 日本人専用のオンラインカジノになっていないか確認する
  8. 信頼できるオンラインカジノにはどんなところがあるの?
    1. ベラジョンカジノ
    2. カジ旅
    3. ボンズカジノ
  9. まとめ

 

オンラインカジノで詐欺するカジノの特徴

結論から言うと、オンラインカジノで詐欺を働いている運営者は意外と多いです。

どんな種類のカジノに詐欺を働くところが多いかと言うと、以下の通り。

 

  • 審査の甘いゲーミングプログラムを利用しているところ
  • 出金対応が遅いという噂があるオンラインカジノ
  • 運営情報やライセンス情報が記載されていない
  • サポートに連絡しても全く返事がない
  • 利用規約の後付が行われてしまうカジノ
  • ボーナスがユーザーフレンドリー過ぎて儲けがでない可能性があるカジノ

 

挙げればキリがありませんが、まず目をつけるところは以上の通りです。

仮に、この項目に一つでも当てはまるのであれば、注意深く口コミなどを確認していくべきですね。

では早速一つずつ確認していきましょう!

 

審査の甘いゲーミングプログラムを使っている

審査の甘いゲーミングプログラムを利用しているカジノ運営は詐欺の疑いがあります。

なぜなら、正規のオンラインカジノであれば厳正なチェックを受けているEvolutionゲーミングやPlay’n GOのプログラムを利用しているところがほとんどだからです。

ただ、一部の優良オンラインカジノではこの他のところでも、ゲーム数の多さをカバーしている現状がある点には注意しましょう。

公平なギャンブルを望むのであれば、上記2社を扱っているオンラインカジノに絞るべきでしょうね。

 

出金対応が遅い

出金対応が遅い場合も要注意です。

なぜなら、オンラインカジノに入金させておいて出金が遅いのであれば、そのオンラインカジノは大切なお金を盗む気が満々と考える他ないからなんですね。

また、出金対応が以前早かったのに遅くなった場合は、オンラインカジノの運営に何かしらの影響があったと考えて良いでしょう。

出金対応ができないまで、カジノ側のキャッシュが枯渇している場合は、ほぼ資金の回収は無理と見てよいでしょう。

そういった意味でも、必ず大資本が参入しているベラジョンカジノのようなオンラインカジノで遊ぶことをおすすめします。

 

運営情報やライセンス情報が記載されていない

基本的にオンラインカジノの下部には運営情報やライセンス情報が記載されているはずです。

カジノ 詐欺 1

ベラジョンカジノの下部にもライセンス情報と運営者情報が記載されており、カジノとプレイヤー両方に公平なプレイが提供されています。

ただ、一部のオンラインカジノには上記画像のような表記がなされていないパターンもあります。

運営者の情報や、ライセンスが記載されていなければそれだけ怪しいカジノであるため、入金は控えた方が良いでしょう。

 

サポートの返事がほとんどない

続いてサポート時間に連絡をしても返事がない場合、運営資金に難ありの可能性があります。

なぜなら、基本的にサポートは外注となっており給料が支払われていないのであれば、業務ストップされるのががほとんどだからです。

もちろん悪質なオンラインカジノには、カスタマーサポート自体がないところもあるので注意して下さいね。

大手オンラインカジノほど、チャットサービスはすぐに対応してくれるため、少しでも不安であれば大手のオンラインカジノを利用しましょう。

 

利用規約の後付が行われる

実際に事件としてあった話なのですが、利用規約の後付が行われる可能性が悪質カジノではあります。

次に紹介するプレイヤーフレンドリーなボーナス条件と合わせると最悪の効果を発揮しますよ。

その流れとしては、

 

  • プレイヤーに有利な条件で集客を行う
  • 後から利用規約を書き換えボーナス上限を書き換えられる

 

楽しく遊んで儲けられた!と感じていても、ボーナス規約によって上限が書き換えられると、10万円の勝利金を1万円に減額される可能性も出てきます。

支払われる場合にはまだ良い方で、最悪の場合ボーナスの濫用という名目で勝利金を全て没収される可能性もありますよ。

 

ボーナス条件が非常にプレイヤーフレンドリー

そして最後にボーナス条件がプレイヤーフレンドリーの場合も要注意です。

なぜなら、先程の項目でお伝えしたような流れを辿ることが多いですからね。

賭け条件が2倍になっているなどセンセーショナルなサービスを打ち出すところほど、バックグラウンドを綿密にチェックする必要があります。

平均的な賭け条件の相場としては、40倍程度で、大きく割り込む場合には必ずバックグラウンドチェックを行って下さい。

ただ、当サイトでおすすめしているベラジョンカジノは20倍という数値でありながら、ボーナスのみ受け取って出金することも可能なんです!

大手資本が入っていてかつ、大盤振る舞いなボーナスをしているのは、ベラジョンだけなので是非一度体験してみて下さいね。

 

悪質なオンラインカジノの詐欺手口を徹底解説!

さてここからは悪質なオンラインカジノの詐欺手口を徹底解説していきます。

基本的な手口としては以下の通りです。

 

  • RTP情報が書き換えられている
  • 獲得した賞金ボーナスの反映がされない
  • そもそも入金反映されない

 

ここでは、メジャーな手口を紹介しつつ、後ほどの項目で日本で起こったオンラインカジノでの詐欺事件について詳しく解説していきますよ!

 

①RTP情報が書き換えられている

まず第一にRTP情報が書き換えられており、確率の分散などは関係なく全く勝てない詐欺があります。

通常、大手のゲーミングソフトウェアは第3者機関から監査を受けており公平にギャンブルができるかを確認されます。

配信会社のプログラムを書き換えることはほぼ無理ですが、名の知れ渡っていない自社のゲーミングプログラムなどを利用しているオンラインカジノでは簡単にできてしまいますよね。

確かに期待値の分散によって払い戻しがなされないこともありますが、違法・詐欺オンラインカジノで遊べば、そもそも勝つことができない台でプレイする可能性が高まります。

 

②獲得した賞金ボーナスが反映されない・出金されない

また獲得した賞金ボーナスが反映されないのも典型的な詐欺被害です。

カスタマーサポートに連絡しても、全く返信が来ずボーナスの払い戻しが受けられなことが多々あります。

 

③そもそも入金反映されない

最後に最も最悪な事例としては、入金反映がなされない場合です。

入金が反映されなければ、ゲームで遊べず出金もできないですよね。

上記同様にカスタマーサポートに連絡しても、全く対応されず運営会社が海外にいるため、日本の警察に対応をお願いしても、被害額が少なければほとんどの場合相手にされない最悪のケースです。

日本で起こったオンラインカジノ詐欺事件について

この項目では実際に日本で起こったオンラインカジノでの詐欺事件について紹介していきます。

 

お台場カジノ

初めに紹介するのがお台場カジノ事件です。

お台場カジノは2006年ごろに運営を開始したカジノで、日本のオンラインカジノ界の中でもかなり早期の段階から運営されていました。

そのお台場カジノで2009年に起きたのが夜逃げ事件です。

出金申請の処理が遅くなっていく兆候が徐々に目立ち初め、ログイン不可等の問題を起こしながら、最終的にはユーザーに対する事前通告なしのサイト閉鎖が行われました。

今まで当然できていた申請や処理に対する対応がいい加減になり始めた場合、そのオンラインカジノには特に注意しなければいけませんね。

 

ドリームカジノ

ドリームカジノ事件はカジノ経営者が逮捕された事件で、カジノ利用者が逮捕された事件ではありません。

合法とされている海外でカジノ運営を行うのは大丈夫ですが、日本においてカジノ運営はは違法行為です。

そして、ドリームカジノは日本国内で運営が行われていたため、京都府警が動き大阪市に在住していたドリームカジノ役員が逮捕されたのです。

オンラインカジノのサーバーや法人自体は海外だったものの、実際の運営が日本で行われていたのが逮捕の原因です。

もちろん、カジノは閉鎖され、ユーザーに対する報酬未払い問題も起こってしまいました。

日本での運営が疑われているカジノは避けなければいけませんね。

 

スマートライブカジノ

スマートライブカジノ事件は3人のオンラインカジノ利用者が逮捕された事件です。

3人の内2人は裁判で争うことをせず、略式起訴を受け入れて単純賭博罪として50万円以下の罰金を支払いました。

1人は弁護士を付けて裁判に臨み、不起訴・無罪判決を勝ち取りました。

逮捕の大きな原因は、賭博の胴元が日本国内にあると判断されてしまったからですね。

コミュニケーション可能な日本人専用テーブルや日本人ディーラーなど、様々な要因で胴元が日本国内にいると判断されてしまいました。

賭博罪は胴元と利用者両方に適用されてしまうので、利用者3名が逮捕されたのです。

実際には、スマートライブカジノは海外で合法的に運営されているカジノです。

そのため、胴元が起訴できないのにユーザーを処罰することはできないといった事情から、弁護士を付けた1名の利用者は不起訴を勝ち取れました。

 

横綱カジノ

横綱カジノは2019年にスタートした新興のオンラインカジノでしたが、2021年5月末に突然のサイト閉鎖が行われました。

公式ツイッターやインスタグラムのアカウントも合わせて削除され、ユーザーはカジノに問い合わせる手段を失う羽目になったのです。

サイト閉鎖以前から突然のアカウント停止や出金拒否など、振り込め詐欺まがいの苦情がSNSでは目立ち、メールを送ってもサポートから返信が来ないといった問題も浮上していました。

SNSでの評判やレビューにも目を配っておかないと、悪いカジノに気付けませんね。

カジノワイヤード限定!入金不要ボーナス
カジノワイヤードいち押し、もらって嬉しい入金不要ボーナスページをチェック。ここだけの限定ボーナスもあるのでお見逃しなく!

 

やまとベット

やまとベットは2020年2月に運営が開始されたカジノですが、コロナウィルスの影響を理由にサービス開始後たった5カ月で一時休業(再開日不定)を決めたカジノです。

ちなみに、更新はされていないSNSのアカウントは残されているものの、2021年現在に至っても未だ再開の目処は立っていません。

休業のお知らせは7月21日の夜に行われ、休業開始日は7月22日、出金手続きは22日から48時間以内といった、ほぼ突然休業と言っても良い扱いです。

出金猶予があった分、突然閉鎖されたオンラインカジノよりもマシですが、SNSでの告知を確認していないと気付けなかった点や猶予がたったの2日しかない点に関しては、ユーザーフレンドリーとは決して言えません。

 

NetBanQ

NetBanQ自体はカジノへの入出金に利用する決済サービスで、その運営者と利用者が千葉県警に逮捕された事件です。

カジノへの入出金サービス運営が賭博幇助と判断されたんですね。

利用者については、スマートライブカジノ同様に略式起訴を受け入れた利用者が罰金を支払い、裁判を起こした利用者は無罪・不起訴を勝ち取りました。

オンラインカジノで遊ぶ際、日本運営と判断されるサービスを利用すると連座で逮捕される危険がある点は忘れてはいけませんね。

オンラインカジノで遊ぶのは危険なの?

過去に事件が起きているように、オンラインカジノで遊ぶ危険が0とは言えません。

しかし、大手や古株のオンラインカジノでは安全安心に遊べます。

オンラインカジノの世界ではベラジョンカジノのように10年以上に渡って運営されているカジノもあります。

ユーザ-評価も高く長年の運営が続けられているオンラインカジノで遊ぶ危険はありません。

 

ライブカジノでイカサマはあるの?

ライブカジノでのイカサマを心配する必要はあまりないです。

オンラインカジノの事件を確認する限り、ゲーム中にイカサマが行われるケースは見られません。

心配する必要があるのは、ライブカジノなどのゲーム中の出来事ではなく、入出金対応やカジノライセンスの有無、ユーザーからの運営に関する評価です。

ライブカジノ中の不正に関する心配は少なめで良いでしょう。

 

ベラジョンカジノはイカサマがあるの?

結論から言ってしまうと、ベラジョンカジノにイカサマはありません。

というのも、現時点で、ベラジョンカジノによるイカサマ、不正の事件は起こっていないからです。

その上、ベラジョンカジノには安全だと判断できる根拠が数多く存在します。

この項目ではベラジョンカジノが安全だと言える大きな理由を3つご紹介していきます。

 

ベラジョンが安全な理由①ライセンス取得がなされている

ベラジョンカジノはキュラソーライセンスを取得しています。

キュラソーはオランダにある島の名前で、ライセンスは世界的に数多くのカジノに支持されています。

基準も厳しく、一度審査をクリアしてライセンスを取得とした後も、定期的に基準をクリアしているかの確認が入るため、カジノ側も気を抜いた運営は行えません。

マネーロンダリングやテロ資金などの不正な取引が干与していないか、プレイヤーの入出金の記録をしっかりと記録しているかなど、安全な運営かどうかを常にチェックされるのです。

キュラソーライセンスを取得・維持しているベラジョンカジノは安全だと言えるでしょう。

ベラジョンが安全な理由②信頼できるゲーミングプログラムが利用されている

ベラジョンカジノではユーザーからの信頼が厚いゲームプロバイダーのカジノゲームが配信されています。

例えば、ベラジョンカジノでライブカジノを配信しているEvolution Gamingですね。

こういったゲームプロバイダーもそれぞれライセンスを取得し、合法的に運営がなされています。

 

ゲーミングプログラムには定期的な監査が入る

また、配信されているゲーム自体にも定期的な監査が行われています。

ゲームのランダム性を保証している乱数や、ゲーム機能や金銭のカウントが正常に働いているかなど、ユーザーに公正で安全なゲームが提供されているのか確認がされるんですね。

有名な監査機関としてはプレイヤーの保護を目標に掲げるeCOGRAや実店舗を持つランドカジノの監査も行っているGLI(Gaming Laboratories International)などがあります。

ベラジョンカジノのEvolution GamingはGLIの監査を受けているため、細かい基準をクリアしたゲーム配信が行われているのです。

ライセンスを取得しているオンラインカジノ運営だけでなくゲーム配信にも監査が入っているので、二重の意味で安心できます。

 

ベラジョンが安全な理由③ゲーミングプログラムとカジノ側は何の関係もない

また、そもそもの話ですがカジノゲームとベラジョンカジノ運営自体は直接的な関係がありません。

ベラジョンカジノ自体が作成しているゲームが使われているわけではなく、カジノとは別のゲームプロバイダーが配信しているカジノゲームをプレイヤーは遊んでいます。

そのため、カジノ運営側がゲームに細工を行うようなことはできないのです。

パチンコなどのギャンブルでは、日によって店が台の設定を変更できますが、別の会社のゲームを配信といった形で利用しているベラジョンカジノでは常に通常設定通りのゲームが遊べるのです。

ベラジョンのようにイカサマのない安全なオンラインカジノの見分け方・選び方

さて、何度か紹介してきているベラジョンカジノのようにイカサマのない安全なオンラインカジノの選び方はどのようなものがあるのでしょうか。

信頼できるオンラインカジノを紹介する前に、これだけは確認しておいて!というポイントを紹介していきます。

具体的には以下の4点です!

 

  • ライセンス取得がなされている
  • 第三者機関から監査がなされているゲーミングプログラムを利用しているか
  • 支払い実績がきちんとあるか
  • 日本人用にカスタマイズされていないか

 

早速見ていきましょう!

 

ライセンス取得がなされているか確認する

まず第一にライセンスの取得がなされているかを確認してください。

カジノ 詐欺 2

冒頭でお伝えした画像をもう一度提示すると、基本的に優良なオンラインカジノだと、下部に記載されていることが多いです。

代表的なライセンス認証国は以下の通りです。

キュラソー政府ベラジョン・ビットカジノ等
マルタ共和国政府インターカジノ・カジ旅等
カナワケ政府エルアドカジノ

上記の他にも政府体が発行しているライセンスは、信用できるものなので必ずチェックするようにして下さい。

 

第三者機関から監査がなされているか確認する

第三者からの監査がなされているゲーミングプログラムが利用されているかも基礎知識として押さえて下さい。

代表的なゲーミングプログラムを紹介すると以下の通りです。

 

  • Play’n Go
  • Evolution Gaming
  • NetEnt

 

ソフトウェアを提供している会社はこの他にもたくさんありますが、大手が使っているものは基本的に監査が入っていると考えて良いですよ。

それよりも独自のプログラムを使っているオンラインカジノに注意してくださいね。

 

支払い実績がきちんとあるか口コミを調べよう

また支払い実績について必ずチェックをしてください。

なぜなら、一般人の口コミは一番信頼できるからですね。

ちなみに、Twitterで入金しようとしているカジノの名称を入れると生の口コミを確認しやすいですよ。

新規のオンラインカジノなどは支払い実績があまりないので、最低金額を入金し問題なく出金できるかを確認しましょう。

 

日本人専用のオンラインカジノになっていないか確認する

最後に日本人専用のオンラインカジノになっていないかの確認を行って下さい。

日本人専用のオンラインカジノであれば危険性が高く、ご紹介したドリームカジノのように日本で運営されているカジノであると、賭博罪に問われる可能性がありますよ。

 

信頼できるオンラインカジノにはどんなところがあるの?

いままで、オンラインカジノのイカサマや見分け方など、カジノの信頼に関わる内容を解説してきました。

最後の項目では、解説してきた内容を踏まえて信頼できるオンラインカジノを3つ紹介していきます。

 

ベラジョンカジノ

まず1つ目に紹介するのはベラジョンカジノです。

長年に渡って大きな事件が起こしておらず、ライセンスを保持し続けているベラジョンカジノはやはり信頼できるオンラインカジノだと言えるでしょう。

日本人ユーザーからの信頼も大きく、日本人利用者が最も多いカジノだと言われているのも頷けます。

本記事でも度々触れてきたベラジョンカジノですが、やはり、飛びぬけて信頼できるオンラインカジノです。

 

カジ旅

カジ旅はベラジョンカジノと同じく審査の厳しいキュラソーライセンスを取得しています。

その上、カジ旅の運営元であるHero GamingはEGR(E-Gaming Review)という賞を獲得しています。

EGR自体はカジノデザインの品質やクリエイティブ性が見られるため、必ずしもカジ旅の安全性を保証する賞ではありません。

しかし、カジ旅の知名度を引き上げる一役を買っています。

有名なオンラインカジノは何かしら問題が起きると、すぐに評判が広がってしまいますが、カジ旅では今のところ事件は起こっていません。

知名度が大きいにもかかわらず、事件の悪評が今のところ無いカジ旅も安全にプレイできるオンラインカジノの1つです。

 

ボンズカジノ

ボンズカジノもキュラソーライセンス取得のオンラインカジノです。

Evolution Gamingなどの大手ゲームプロバイダーによるゲーム配信が行われており、ゲームの信頼性もバッチリです。

ただし、設立が2019年、日本語サービス開始が2020年と比較的新しいサービスだけあって、カスタマーサービスの質にムラがあったり、プロモーション規約が突然変更されたりといった評判もあります。

新興カジノだけあって、まだまだ手探りな運営が続いている状態なんですね。

そのいった面では、長年の運営を行っているベラジョンカジノには少し劣るカジノだと言えるでしょう。

 

まとめ

今回の記事ではオンラインカジノの詐欺について詳しく解説してきました。

当サイトで紹介している、オンラインカジノの危険性は全くありません。

全てのサイトが今回の記事で紹介した基準を満たしており、正確におすすめできると断言できます。

もし、あなたがどのサイトで遊ぼうか迷っているのであれば、上記に解説した3つのカジノから選んでみてくださいね。

イカサマのない公平なギャンブルが、あなたを勝利へと導いてくれるでしょう!

最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

プレイヤーレビュー

ニュースレターに登録してフリースピンや
独占ボーナスや攻略法を手に入れよう!